生活環境影響調査

   ミニアセスメントは、特定処理施設(15条施設、8条施設)を設置する場合に必要になります。

 (例、廃プラ・木くず。がれき類の破砕施設で最大処理能力が1日5トン超のとき)

 大気、振動、騒音、悪臭などが調査対象になります。

 ミニアセスの報告内容については、行政と事前に打ち合わせを行い、不足がないようにしなければ

なりません。

 騒音や振動などは、騒音源や振動源の数値のほか、敷地境界までの距離や建物・工作物の構造や

 部材によって変わってきます。機械メーカー、建設会社、設計会社を交えて総合的な調整が不可欠です。

 ミニアセスの費用は、種類・規模・内容などによって大きく異なります。詳しくはお尋ねくださ い。 (小規模な場合は100万円程度から可能です。具体的には見積します。)  

                                 

ミニアセスの手順フロー(参考例)

             地域の生活環境への影響を調査

               ⇓

              許可申請

     設置の計画、維持管理の計画、生活環境影響調査

                                     ⇘

    告示・縦覧           関係市町村からの意見聴取

      ⇓               (生活環境保全上の見地)

関係住民からの意見書の提出              ⇓ 

   (生活環境保全上の見地)                                         ⇓

                                                                      ⇙

                         専門的知識を有する者の意見聴取

               ⇓

国の定める技術上の基準への適合性に加え、地域の生活環境に適正な配慮が行われているかどうかについて審査 

               ⇓ 

                許   可   

                                                    ⇓

                                        使用前検査の実施  

               ⇓

            施設の運営開始

               ⇓

          維持管理状況の記録・閲覧

               ⇓

維持管理計画に従い適切な維持管理を行わなかった場合、許可の取消し等の処分

     ・一定の最終処分場については維持管理費用の積立て

     ・最終処分場については廃止の際の確認  

ミニアセスが必要な産業廃棄物処理施設とは、廃棄物処理法で定められた一定規
模の処理能力を備えている施設(法第15条第1項、令第7条)   
    

 

    処理施設の分類        規模                備考

第1号 汚泥の脱水施設    処理能力10㎥/日を超える 

第2号 汚泥の乾燥施設 

    天日乾燥以外      処理能力10㎥/日を超える 

     天日乾燥         処理能力100㎥/日を超える            

第3号 汚泥の焼却施設    次のいずれかに該当するもの    PCB汚染物及びPCB処理物

                イ)処理能力5㎥/日を超える   であるものを除く

                ロ)処理能力200kg/h以上

                ハ)火格子面積2㎡以上   

第4号 廃油の油水分離施設  処理能力10㎥/日を超える               海洋汚染防止法第3条第14号

                                 の廃油処理施設を除く 

第5号 廃油の焼却施設    次のいずれかに該当するもの   ・海洋汚染防止法第3条第14号

                イ)処理能力1㎥/日を超える   の廃油処理施設を除く

                                                   ロ)処理能力200kg/h以上             ・廃PCB等除く

                ハ)火格子面積2㎡以上

第6号 廃酸・廃アルカリ   処理能力50㎥/日を超える

    の中和施設 

第7号 廃プラステック類   処理能力5t/日を超える

    の破砕施設

第8号 廃プラステック類   次のいずれかに該当するもの

    の焼却施設       イ)処理能力100kg/h以上    PCB汚染物及びPCB処理物 

                ロ)  火格子面積2㎡以上                      であるものを除く

第8号の2 木くず又はがれき類   処理能力5tを超える

     の破砕施設 

第9号 金属等※又はダイオキシン類    すべての施設

    を含む汚泥のコンクリート

    固型化施設

(※令別表第3条の3に掲げる物質)

第10号 水銀又はその化合物を含む  すべての施設 

    汚泥のばい焼施設 

第11号 汚泥、廃酸又は廃アルカリ  すべての施設

    に含まれるシアン化合物

    の分解施設

第11号の2 廃石綿等又は石綿含有       すべての施設

       産業廃棄物の溶融施設 

第12号 廃PCB等、PCB汚染物又は   すべての施設 

              PCB処理物の焼却施設

第12号の2 廃PCB等又はPCB処理物  すべての施設

      の分解施設

第13号 PCB汚染物又はPCB処理物    すべての施設

        の洗浄施設又は分離施設

第13号の2 上記第3号、第5号、第8号、 次のいずれかに該当するもの

      第12号以外の焼却施設   イ)処理能力200kg/h以上

                    ロ)  火格子面積2㎡以上 

第14号 イ)遮断型最終処分場     すべての施設

    ロ)安定型最終処分場     すべての施設(水面埋立地を除く)

    ハ)管理型最終処分場     すべての施設