廃棄物処理やリサイクルに関するM&Aサポート(アドバイザー)

廃棄物やリサイクルを行っている企業のM&Aは廃棄物処理法や土壌汚染対策法など環境法令の専門的な知見が必要です。廃棄物処理施設によっては、建築基準法の順守状況によって、対象企業の企業価値が大きく変わります。また、対象企業が廃棄物処理法などについて不適法な問題があれば、M&A後に大きな問題を生みます。普通以上に厳密なデューデリジェンスが必要です。そのため、M&Aアドバイザーの役割は極めて重大です。